NEWS
see more

曜日はミニシアターの栄華 Back to 1980~1990年代

バラエティ豊かな
映画、名画に出会う
オンライン・ミニシアター
「映画ザンマイ!」

「映画ザンマイ!」はスマートフォンや家庭のTVで観られる映画チャンネル。
ミニシアターや名画座のように、選りすぐりの映画を1日に何度も、ひと月に何回も観るチャンスがあります。自分の観たい時に、観たい場所でお楽しみください。

ザンマイスターの今月のオススメ映画

「映画ザンマイ!」の番組をああでもない、こうでもないと毎月編成している支配人。
小さい頃から映画が好きで、青年時代はボローニャの映画大学で学ぶ。
好きな映画……『世界残酷物語』。好きな音楽……コールドプレイ。好きな食べ物……稲荷寿司。
好きな飲み物……日本酒「黒牛」。既婚。

11月といえば、立冬。本格的に寒くなってきましたね。ボジョレー・ヌヴォーで乾杯しながらゆっくりと映画鑑賞いかがでごザンしょ?

さて、11月の映画ザンマイ!は、8日に83歳の誕生日を迎える‘’永遠の美少年“アラン・ドロン特集ですぞ。『アラン・ドロンのゾロ』では、剣の達人ゾロとして黒いマントをなびかせながら悪人相手に大立ち回りを披露。『サムライ』では、トレンチコートを身にまとった殺し屋に扮しストイックな色気を放ち、『ハーフ・ア・チャンス』では、ジャン=ポール・ベルモンドと28年ぶりに共演し60歳を過ぎて身体を張ったアクションに挑戦しています。様々な顔を見せるアラン・ドロンの3作品をお見逃しなく。

そして、アラン・ドロンだけじゃごザンません。ロバート・デ・ニーロとジャック・ニコルソン主演作もごザンます。ボクシングのプロモーターを夢見る弁護士の生き様を描く『ナイト・アンド・ザ・シティ』(ロバート・デ・ニーロ主演)、美しいオペラ歌手に惹かれる冴えない中年男の恋を描く『お気にめすまま』(ジャック・ニコルソン主演)などハリウッドを代表する渋いオジサマ映画もお楽しみに。

「映画ザンマイ!」クラシック作品では、カンヌ映画祭でオッタヴィア・ピッコロが女優賞を受賞した『わが青春のフロレンス』をご紹介ザンす。O・ピッコロはイタリアの女優で、往年の映画ファンにとっては”心の恋人だった“なんて方も多いザンすよ。『アラン・ドロンのゾロ』のヒロイン役も演じているので、是非見比べてみてください。美しいというよりむしろ”チャーミング”と形容するのがしっくりくるヒロインの魅力をご堪能あれ。そして今月も深夜はオトナの時間、官能の世界をお楽しみください。

というわけで、今月も映画ザンマイ! 映画があなたをアブラッチョ!

今年も残すところあとわずかとなりました。12月は、忘年会だ!クリスマスだ!と世間が慌ただしくなる季節。2018年が、あなたにとって素晴らしい年だったら嬉しい限りでごザンます。

12月の映画ザンマイ!では、イタリア代表する名優、マルチェロ・マストロヤンニ特集をお届けします。1996年に72歳で亡くなりましたが、彼が出演した作品たちはこれからも色褪せることなく私たちの心を揺さぶってきますゾ。まずはルキーノ・ヴィスコンティ監督の初期作品「白夜」。ドストエフスキー原作の短編小説の映画化です。マストロヤンニは、イタリアの港町で出会った若い女性に恋をする気のいい青年を演じていますゾ。本作以降、彼は錚々たる名監督の作品に出演し続け、スランプのない俳優といわれる活躍をすることになるのでごザンます。
ということで、その後のマストロヤンニの活躍をなぞるように、M・アントニーニ監督「夜」、F・フェリーニ監督の「8 1/2」、V・デ・シーカ監督「ひまわり」、R・ポランスキー監督「ポランスキーの欲望の館」とマストロヤン二出演作を毎週火曜日にまとめてお届けしますゾ。それぞれの映画で様々な表情を見せるマストロヤンニ。これは全部観るしかない。

続きましては、フランス映画界の巨匠モーリス・ピアラ監督特集でザンます。日本での公開作が少なかったために、“知られざる”監督でしたが、日本でも没後10年にあたる2013年に特集上映もあり再評価されているゾ。そして没後15年にあたる今年、「映画ザンマイ!」では、M・ピアラ監督4作品を特集。監督自身が一番好きな画家だというゴッホの人生を描く「ヴァン・ゴッホ」、カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得するも賛否両論を巻き起こした「悪魔の陽の下で」、ソフィー・マルソー主演のクライム・ドラマ「ソフィー・マルソーの刑事物語」、サンドリーヌ・ボネールのデビュー作「愛の記念に」をお届けしますゾ。

さらに、フランスの映画女優、エマニュエル・ベアール特集もごザンます。ベアールといえば、あのモデルを演じた映画あったよね?はい、「美しき諍い女」でごザンす。老画家と若く美しいモデルの心の激しいぶつかり合いは時間を忘れて見入ってしまうザンますね。その他二人の男性の間で揺れ動く若きヴァイオリニストに扮する「愛を弾く女」。写真家デヴィッド・ハミルトンが監督した「青い性」も配信するザンます。「青い性」では、初々しいベアールの姿が。どこに登場するかお楽しみに。

というわけで、今月も「映画ザンマイ!」 映画があなたをアブラッチョ!

世界各国の映画を
曜日ごとに2本立てで

月~土は曜日ごとにテーマを設け、それに合った映画を2本ずつセレクト。往年のヨーロッパ名画から、よそではなかなか観られない通好みの秀作まで、良好な画質でお楽しみいただけます。ひと月の間、同じ曜日には同じ映画をやっています。
また毎週日曜日は週の作品を一気にお届け。平日なかなか観る時間がない方は、こちらでどうぞ。

夜はマニア垂涎の
カルト・ムーヴィーや
セクシーな官能作品で

夜の「映画ザンマイ!」は大人の時間。さらにマニア度の高いカルト映画やアート・アニメーション、そして身体の奥がじんわりと熱くなってくるような官能映画の数々を、明け方近くまでやっています。「映画ザンマイ!」は眠れない夜のパートナーにもなります。

マルチェロ・マストロヤンニ -“ラテン・ラヴァー”様々な「愛のカタチ」- 毎週火曜日

毎週火曜日はまるごとマストロヤンニDAY
イタリアを代表する伊達男、マルチェロ・マストロヤンニは共演する女優たちを溺れさせた役者として、ラテン系の女たらし=「ラテン・ラヴァー」のニックネールを持つ。そんな彼が映画の中で演じる伊達男の様々な「愛のカタチ」が楽しめる5作品を配信。

白夜(1957)
白夜
1957 イタリア
監督:ルキーノ・ヴィスコンティ
ドストエフスキーの短編小説を『夏の嵐』のルキーノ・ヴィスコンティが映画化したラブロマンス。イタリアの港町を舞台に、青年と恋人を待つ少女の恋模様を幻想的に描く。
夜
1961 イタリア
監督:ミケランジェロ・アントニオーニ
イタリアの鬼才M・アントニオーニ監督が、M・マストロヤンニとJ・モローを主演に迎えて夫婦の心のすれ違いを描き、第11回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した秀作。
8 1/2
8 1/2
1963 イタリア
監督:フェデリコ・フェリーニ
巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作。創作に行き詰まった映画監督の苦悩を、現実と幻想を交えて描き出した傑作。出演はマルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ。
ひまわり
ひまわり
1970 イタリア
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
戦争に引き裂かれる男女の運命を描いた、恋愛ドラマの名作。監督は『自転車泥棒』のヴィットリオ・デ・シーカ。出演はソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ。
ポランスキーの欲望の館
ポランスキーの欲望の館
1972 イタリア
監督:ロマン・ポランスキー
ロマン・ポランスキー監督によるエロティック・コメディ。イタリアを舞台にアメリカ人女性と風変わりな人々が織り成す人間模様を描く。出演はマルチェロ・マストロヤンニ。

モーリス・ピアラ -フランス映画界の真の巨匠- 第3・5日曜日16:40~ 一挙配信

現代の多くの映画作家に影響を与えながらも、日本で正式劇場公開されたのはたった2作品だけだった映画監督 モーリス・ピアラ。フランス本国における評価、知名度は、日本と比べものならないほど絶大。没後15年を迎え、改めて世界的再評価が高まっているピアラの後期代表作を一挙配信。

ヴァン・ゴッホ
ヴァン・ゴッホ
1991 フランス
監督:モーリス・ピアラ
名匠モーリス・ピアラの代表作で、映画監督になる前は画家でもあったピアラが敬愛するゴッホを描く。ゴッホを演じたジャック・デュトロンは、本作でセザール賞を受賞。
悪魔の陽の下に
悪魔の陽の下に
1987 フランス
監督:モーリス・ピアラ
カンヌ国際映画祭のグランプリであるパルム・ドールに輝いた、重厚なタッチのサスペンス・ドラマ。『愛の記念に』のモーリス・ピアラが監督・脚本・出演の3役を務める。
ソフィー・マルソーの刑事物語
ソフィー・マルソーの刑事物語
1984 フランス
監督:モーリス・ピアラ
ソフィー・マルソーとジェラール・ドパルデューの共演で危険な恋を描くサスペンス映画。ある事件で逮捕された謎の女を尋問するうち、刑事は美しい彼女に心惹かれていく。
愛の記念に
愛の記念に
1983 フランス
監督:モーリス・ピアラ
日本で初めて劇場公開されたモーリス・ピアラの監督作。愛を求め、愛に傷つきながらも成長してゆく少女の姿を描く。主演は本作がデビュー作のサンドリーヌ・ボネール。

「映画ザンマイ!」の楽しみ方はリアルタイム配信だけじゃない!

「映画ザンマイ!」ではリアルタイム配信のほかに、いつでも好きな時に作品にアクセスして視聴できる
VOD(オンデマンド配信)でも楽しめる映画やドラマがたくさん!

VOD(オンデマンド配信)限定で視聴できる作品も!

CAMELOT~禁断の王城~(全10話)
CAMELOT~禁断の王城~(全10話)
CAMELOT~禁断の王城~(全10話)
総製作費60億円
海外ドラマの枠を超える空前のスケールで、英国に伝わるアーサー王伝説を描いた歴史ドラマ・シリーズ――

中世イギリスを舞台に、アーサー王と円卓の騎士、魔術師マーリン、魔女モーガンら魅力的なキャラクターたちが愛欲と陰謀に満ちた闘いを繰り広げる、大人が楽しめる歴史ドラマだ。アーサー王役には,『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』で若きグリンデルバルドを演じたジェイミー・キャンベル・バウアー。アーサーを導く魔術師マーリンには、『恋におちたシェイクスピア』『フラッシュ・フォワード』のジョセフ・ファインズ。そして妖艶な魅力溢れる魔女モーガンには、『007/カジノ・ロワイヤル』でボンドガールを演じたエヴァ・グリーン。ハリウッドの一流キャストが、物語に華を添える。

製作総指揮は、『ディパーテッド』でオスカーを受賞したグレアム・キング。脚本を『エリザベス』のマイケル・ハーストが担当し、絢爛豪華な衣装は、『THE TUDORS~背徳の王冠~』でエミー賞を受賞したジョアン・バーキン。歴史ドラマの超一流スタッフが集結し、壮大な映像叙事詩が完成した。

アーサー王の物語は、ヨーロッパに伝わる伝説の中でも、世界中で知られている最大級の伝説。アーサー王自身の物語を中心に、円卓の騎士、聖剣エクスカリバー、聖杯伝説、禁断の宮廷愛など、数々の逸話に彩られ、『ハリー・ポッター』シリーズを始め、現在でもあらゆるファンタジーに影響を与えている。

  • 期間限定で
    視聴できる!

    リアルタイム配信後の見逃し視聴や過去に配信した作品のアーカイブなど…

朝は素敵なアニメーションからスタート

「映画ザンマイ!」の1日は早朝5時、まるで絵本が動き出したかのような素敵なアニメーションで始まります。日本にも大ファンが多いロシアの巨匠、ユーリー・ノルシュテインがソ連時代に生み出した傑作群。可愛らしくも哲学的な動物キャラクターたちと素敵な朝をお迎えください。

ユーリー・ノルシュテイン

「dTVチャンネル」+「dTV」初回31日無料おためしセットでおトクに楽しもう

3つのおすすめポイント
「dTVチャンネル」についてもっと詳しく知りたい